自作ビデオレターの作り方・作成方法

2-3,撮影に失敗しない5つのポイント

ひとくつにビデオ撮影といっても、ビデオカメラの「録画スイッチを押すだけ!」なんですが、こだわりだすと、結構いろんなポイントに気を付けなくてはないポイントがたくさんありますので、できるだけ気をつけて撮影してみてください。

ビデオカメラは水平に

水平をとる

水平はきちんと合わせましょう。もちろん意図的に斜めにして撮影して臨場感を出すこともありますが、ビデオカメラの基本はまず、水平に据えることです。

手ぶれをおさえる

できるだけ三脚をお使いいただくことをオススメいたしますが、どうしても三脚が使用できない場合は、手ぶれしないように脇をしめてしっかりとカメラを保ちましょう。

構図を整える

バランスのよい構図で撮影しましょう。 字幕などを入れた場合も考慮して、画面下には若干の余白を残しておきましょう。

静かな場所で声を大きく

はっきりと大きな声で話していただきましょう。また、撮影場所に周りのうるさい場所は避けましょう。ぼそぼそ話していると披露宴会場などで、聞き取れません。ですので、出演者にはできるだけリラックスしてもらって、撮影する側もいつもよりもテンションを上げて臨みましょう!

背景と明るさを工夫しよう

背景を工夫することでワンランク上の撮影ができます!ごちゃごちゃとした背景で撮影するより単一の背景で撮影したほうがすっきりします。また、夜、家の中は思った以上に暗いので、綺麗に撮影できない場合があります。できるだけ明るい場所で撮影を行いましょう。

あとは、とにかく楽しんで撮影してくださいね。

いいねボタン押してください♪

 

撮影後のチェック

撮影した後は、必ず再生して、間違いなく撮れているかどうか確認しましょう。わざわざ遠方まで出向いて「RECボタン(録画ボタン)押してなかった~!」なんてことが起こらないことを祈ります。

それでは、頑張って撮影してきてください!

さぁ!撮影の次はお待ちかねの編集です!がんばって素敵な作品に仕上げましょう!

株式会社天野企画スタジオJMPからのPR:
私達は結婚式の演出映像を専門に制作しています。プロフィールビデオやエンドロールとコストパフォーマンスを是非ご覧ください。スタジオJMPへ

前のページへもどる前のページへもどる