自作ビデオレターの作り方・作成方法

3-2,Windows live ムービーメーカー基本操作編

今度はパソコンに読み込んだ映像データを編集していきましょう。動画でわかりやすく解説していますので、是非御覧ください!ムービーメーカーのダウンロードの方法はこちら


メッセージビデオのしきり
株式会社天野企画からのお知らせ:ドリームステージはキラキラの映像素材集です!あなたの作品をより素晴らしいものに!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


ドリームステージについて詳しく見てみる

メッセージ映像をムービーメーカーで映像編集する

  1. ムービーメーカーを起動する
  2. 映像素材の読み込みとインターフェースの調整
  3. 映像素材をトリミングする
  4. タイトルをつける
  5. BGMをつける

動画の解説

ここでは実際にムービーメーカーを使用して映像の編集を行なっていきます。

ムービーメーカーの起動

はじめに画面左下のスタートボタンから全てのブログラムを選択して、windows live moviemaker を起動します。するとこのようなインターフェースが表示されます。

映像素材の読み込みとインターフェースの調整

画面

まずはここに先程キャプチャーした映像を読み込みます。画面左上のビデオおよび写真の追加ボタンをクリックして、先程の読み込んだ映像ファイルがあるフォルダにアクセスし、必要なクリップを選択して開くをクリックしてください。するとタイムラインに2つの映像データが配置されたことが確認できます。ここでムービーメーカーのインターフェースをパソコンの画面にあわせて使いやすいように調整します。画面右側のスライドバーを調整することで、タイムラインを拡大縮小します。プレビュー画面とタイムラインの間の縦のバーをドラックして作業しやすいようにプレビュー画面の大きさを微調整します。

目標とする仕上がりの映像について

映像の編集を行う際は、全体を通して、どこで笑わせて、どこで泣かせるのか、またどこで拍手をもらうのかをよく考えて編集すると良い作品になるでしょう。

トリミング

まずはトリミングという作業をおこなっていきます。 トリミングというのは映像素材の不要な部分をかっとして、必要なシーンだけを残すという作業です。まずは、映像素材冒頭部分を再生してみます。「えー良太くん」という部分までの空白の時間が2秒ほどありますので、こちらをトリミングしたいと思います。もう一度再生してタイミングを見計らって停止します。この部分からすこし巻き戻して、ここで、ビデオツールの編集から分割のボタンをクリックします。すると今のスライダーの部分でクリップが分割されました。この左側の部分は不要ですので、選択してデリートボタンで削除します。 後半部分も不要な空白をカットしていきましょう。中盤付近にスライダーをあわせて再生して確認します。お幸せに!という後の部分はカットしたいので、ここの部分で分割ボタンをクリックして、不要なクリップを選択し、デリートボタンで削除します。 映像素材のトリミング
もうひとつの映像クリップを別の方法でトリミングしていきたいと思います。まず冒頭から再生して余白部分を確認します。鈴木で-すと飛び出してくるまでの3秒ほどは必要ないので、トリミングしていきまましょう。先程は分割ツールを使いましたが、今回は開始位置の設定というボタンを押すことで、ワンクリックでトリミングすることがでます。同様にして、トリミング位置にスライダーをあわせて、停止位置の設定というボタンを押すと、後半の余白部分をワンクリックでトリミングすることができます。

タイトルの追加

こんどは冒頭のタイトルを追加していきましょう。今回はドリームステージというキラキラ系のパーティクル映像素材集を使用してタイトルを作ってみます。フォルダ内のクリップをプレビューして気に入った映像素材を選択しまう。気に入った素材をこのフォルダからドラッグ&ドロップするだけで簡単に配置することができます。次にキャプション・字幕を追加して行きましょう。メニューのキャプション追加をクリックし、RYOTA & ERI 結婚おめでとうと入力します。位置を調整して、フォントを調整します。次にテキストのアニメーションを設定していきます。右上のアニメーションプリセットをマウスオーバーすることで、様々なアニメーションをプレビューできますので、タイトルとして適したエフェクトを選択し、クリックします。

次にタイトル 表示のタイミングを設定します。タイトルクリップをドラッグして少しだけ右に移動させてタイミングをずらします。また、タイトルの表示時間がすこし長いので、テキストの表示時間を5秒に変更します。するとタイトルクリップが短くなりました。

今度はタイトルの映像素材をトリミングしましょう。

タイトルクリップの後から少し開けたところにスライダーをあわせて、ビデオツールの編集から停止位置の設定ボタンをクリックします。今度はタイトルと本編の間に、トランジッションと呼ばれる切り替え効果をつけていきましょう。スライダーをトランジッションを設定したい場所に移動して、メニューからアニメーションをクリックします。右側の矢印ボタンをおして、特殊効果をロールアウトさせます。今回はクロスフェードと呼ばれる効果をつけて、ふわ~としたイメージで切り替わるようになりましたね。

BGMを加える

ホーム⇒音楽の追加をクリックし、ここではサンプルミュージックフォルダにあるBGMを選択してみます。

ここまでで基本操作編は終了です!

前のページへもどる前のページへもどる

ドリームステージ