自作ビデオレターの作り方・作成方法

3-1,ビデオ素材のパソコンへの取り込み

撮影した映像はいったんパソコンに取り込む(キャプチャする)必要があります。簡単にいえば、ビデオカメラの中の映像データをパソコンのハードディスクにコピーするとお考えください。この工程が案外うまく行かなかったりしますので、慎重に進んでください。

メッセージビデオのしきり

ビデオカメラのデータをパソコンに取り込む方法(ビデオキャプチャする手順)

  1. ビデオカメラとパソコンをUSB接続する
  2. ビデオカメラの電源を入れる
  3. ビデオカメラをパソコンと通信させる
  4. 自動再生からフォルダを開き直接データをコピーする

動画の解説

まずはじめに、ビデオカメラとパソコンをUSBケーブルで接続します。

ビデオカメラのUSBポートはこのような形状をしていますので、ここにUSBケーブルをしっかりと接続します。つづいて反対側のUSBコネクターをパソコン側のUSBポートに接続します。ビデオカメラとパソコンがしっかりと接続された状態でビデオカメラの電源をオンにして、ビデオカメラが起動させます。※ビデオカメラの機種によってはパソコンに自動的に認識されるものもありますが、今回使用しているキャノンのビデオカメラの場合は、再生モードのボタンを押してパソコンに認識させます。ビデオモニターに接続するメモリーを選択してくださいと表示されますので、すべて(パソコン)を選択してください。するとパソコンとビデオカメラが通信ははじめ、ビデオカメラが外部接続のディバイスとして認識されます。

ウィンドウズの画面に自動再生のこのようなダイアログVOXが表示されます。この中からフォルダーを開いて表示をクリックします。次にAVCHDのフォルダを開きます。更にBDMVのフォルダを開きます。更にstreamというフォルダを開くと、映像ファイルが確認できますので、ここから必要なファイルを選択して「CTRL+C」でコピーします。ビデオのフォルダを開いて、新しいフォルダを作成し、メッセージビデオと名前をつけます。このフォルダーを開いてこの中に貼り付けします。これでビデオカメラからの映像データキャプチャは完了です。

他にもいろいろな取り込み方があります。

windowsの機能を利用して自動的に取り込む方法もありますし、windowsliveのフォトギャラリーを使用してキャプチャする方法もありますので、是非お試しください。

株式会社天野企画スタジオJMPからのPR:
私達は結婚式の演出映像を専門に制作しています。プロフィールビデオやエンドロールとコストパフォーマンスを是非ご覧ください。スタジオJMPへ

前のページへもどる前のページへもどる